よくある質問Q&A

faq-q

施術用の着替えはお借りできますか?

faq-a

無料で貸出ししています。お着替えが必要の場合はスタッフへお申し付けください。
お着替えの際はお時間も考え、ご予約時間よりも5分程前にお越しください。

 

faq-q

駐車場はありますか?

faq-a

近くにコインパーキングがあります。道路の混み具合によりご予約時間を超えてしまいますと治療時間の短縮に繋がりますので、お車でお越しの際は余裕をもってお越しください。

 

faq-q

担当指名はできますか?

faq-a

もちろんできます。指名料は発生しませんのでご安心ください。

 

faq-q

予約制ですか?

faq-a

当院では最大限に治療効果を上げていきたい為、患者様を待たせることなく、お時間からしっかりと施術できるように、ご予約優先とさせて頂いております。治療が必要な患者様のほとんどが、治療後のお会計後に次回のご予約を頂いております。

 

faq-q

当日の予約は可能ですか?

faq-a

当日の予約状況によりますが、直接お越しいただいた場合にお断りしてしまうことがありますので、一度お電話にて予約状況の確認をおすすめします。

 

faq-q

予約のキャンセル、また変更はできますか?

faq-a

可能です。ただし、ご予約時間直前のキャンセルは急な場合を除き原則として2時間前までにご連絡ください。キャンセル待ちというシステムを導入しており、時間寸前ですとキャンセル待ちを希望している患者様に連絡がとれないことがあります。

 

faq-q

再診料はかかりますか?

faq-a

最後に来院された日から1カ月以上経過し来院された場合は、再診料として500円となります。また、半年以上経過し来院された場合は検査料も含め1000円となります。

 

faq-q

保険証はいつ提示したらよいですか?

faq-a

月の始めの来院時に毎月確認させて頂いております。保険証の変更がありましたらスタッフにお伝えください。また保険証の御提示と同様にレセプト用紙にご世帯主様の御署名を頂いております。

 

faq-q

保険者さんから手紙が届いていますがなんと書けばよいですか?

faq-a

それは保険照会という重要な調査書類になりますので必ず一度当院に持ってきて頂き、書類の書き方をお伝えします。

症状に関するQ&A

faq-q

マッサージなどでその場は緩和しても、なかなか取れないしつこい痛みがあります。

faq-a

痛みは、 他の部分に原因があってその症状として現れている場合が多いもの。たとえば、首の痛みが骨盤のゆがみによるものだったり、腕のしびれが鎖骨周辺の腕神経叢 や血管への圧迫が原因ということもあります。このように原因となっている部分を見極めてていねいにケアし、アフターフォローとメンテナンスをしっかり行う ことで、あきらめていた痛みが解消し、再発しにくいお身体に改善していくことが可能です。

 

faq-q

夏場でも手足に冷えがあります。

faq-a

骨盤にゆがみがあることで、ホルモンバランスが崩れると、冷えというかたちで症状が出てくる場合があります。また、寒暖差がストレスになって骨盤がゆがむこともありますので、しつこい冷えがある場合には骨盤にゆがみがないか専門家に相談してみましょう。

 

faq-q

出産してから、歩くとすぐ足がだるくなります。

faq-a

赤ちゃんの誕生を助けるために、出産時、女性の骨盤は開きます。骨盤が開いたままになると、足にまず不調が現れることが多いようです。O脚などもそのひとつ。外側の筋肉に余計な負担がかかるため、足が疲れやすくなります。

 

faq-q

ぎっくり腰を何度も繰り返しています。

faq-a

痛む箇所 だけの治療では、ぎっくり腰は再発する可能性が高いもの。骨盤や背骨、手足など体全体の骨格の歪みやズレの矯正と筋肉の調整を行う整体で、根本的に治療す ることが必要です。お身体のバランスを正常に戻すことで、本来もっている身体機 能を取り戻して腰が痛む原因を根本的に治しましょう。

 

faq-q

痩せにくくなってきて、ボディラインが気になります。

faq-a

背骨や骨盤にゆがみがあると姿勢が悪くなってシルエットが崩れます。また、神経伝達や血液、リンパの流れを阻害するため、むくみやたるみも出やすくなりま す。本来の美しいボディラインは、機能的で快適なもの。ゆがみを整体で修正していくことで、そのボディラインを取り戻すことが可能です。

 

faq-q

膝が痛く、階段の上り下りが苦痛です。

faq-a

膝の痛み は加齢や肥満で起こることがよく知られていますが、外反母趾やO脚、スポーツ障害などが原因になっている場合もあります。膝の曲げ伸ばしで瞬間的に掛かる 力を、筋力でカバーできず衝撃を吸収しきれなくなって関節軟骨が傷んでしまうことから膝痛は起こります。関節軟骨がすり減ってくると、衝撃をうまく吸収で きなくなり、痛みは強くなっていくばかりですので、早めに治療を受けることが重要です。